テーマ:珈琲器具

ECサイトに「楽園の旅人セット」を掲載しました

当店の意外な人気商品「ニューカントリー」と何方にも飲み易いビーンズブレンドのセット 「楽園の旅人セット」をECサイトに掲載しました。 2枚目の写真ですが、この穴がキモなのです! 写真には100枚入りの102サイズの濾紙が載っていますが、こちらは最寄の量販店でとても安く販売しているのでそちらで購入してください。尚、商品には102…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

格好も、使い勝手も共に良いミル入荷

カリタ クラシックミル ¥4,500 インテリアにもなりますし、 御覧のようにフタが付いているのでホコリが入りにくいので安心です。 お歳暮に、珈琲と一緒に贈ってみてはいかがですか。 あるいは、一年間頑張った自分へのご褒美にも
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

職場で本格的なドリップ珈琲を

ご自分が飲みたいときに、無駄無く美味しい一杯の珈琲が淹れられればな~ コーヒーメーカーだと一杯だけでは勿体無いし、まとめて淹れても煮詰まってしまって美味しくないし こんな迷いを解決してしまう器具が登場しましたよ カリタ「ペリカン電気ポット」です。飲みたいときに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドリップがカンタンになる珈琲器具が登場!

せっかく美味しそうな珈琲を購入したり頂いたりしても美味しく淹れられないという方に朗報です。 こちらのカリタ「ウェーブシリーズ」を使えばカンタンにプロの味がご自宅で味わえます。 何といってもこの波状の立て濾紙のお陰で満遍なくお湯を注いでもエグ味や雑味が丸く外へ出っ張ったところへ 追いやられるので濃厚かつスッキリした味の珈琲が淹れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珈琲をドリップで美味しく淹れるなら

当店のような珈琲豆専門店に来店される方の多くはペーパードリップで珈琲を淹れる方が多いのですが、 「美味しく淹れられない」と半ば愚痴をこぼすように言う方が多いです。そこで色々訊ねてみると、沸騰したてのお湯をヤカンからドバドバ注いでいる、あるいは電気ポットからお湯を落としているというのです。残念ながらこの方法では200g\1,000の珈琲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水出しコーヒー、そして当店の意外な脇役

珈琲豆屋にとって一番辛い時期の夏場に主役となるのがやはりアイスコーヒーです。その中でも水に漬けておくだけで、サッパリとした麦茶のような味わいの水出しコーヒーはこの時期の主役です。注文後に焙煎をする当店ですが、この水出しコーヒーだけは毎日朝イチに焙煎したコロンビア豆を極細挽きにして専用パックに詰めたものをお待たせせずに買うことができます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一人用コーヒーメーカー

こちらの「カリタ TS-101」は一杯だけ抽出できるコーヒーメーカーなのです。 ついに在庫が一台だけになってしまいました。値段の安さ以上に使い勝手の良さが理由と思われます。 ①飲みたい分だけ無駄無く抽出できる イマドキのオフィスワークの方は昼時以外の休憩時間がマチマチで コーヒーメーカーがあっても無駄な抽出が増えてしまう等マイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エスプレッソ対応ミルを導入

先日エスプレッソ用に珈琲豆を買われた方に、挽いた粉が少し粗かったことを指摘されました。 やはり、開業に合わせて購入したミルではエスプレッソ用極細挽きにするには少々無理があったようです。 そこで新たに導入したのが、これ。 メリタ パーフェクトタッチ 今のところエスプレッソ用に買っていかれる方は大量に注文していかれないので家庭用の少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠れたヒット商品と新セットメニュー

当店には珈琲豆や器具の他に「自家焙煎ナッツ」もあります。毎週土曜日に15本限定で販売しています。 焙煎方法は珈琲豆と一緒なのですが、釜に着く油の質が違うので予備の焙煎釜で焼くのです。 調味料一切なし、直火で焼いただけなのでナッツの甘さがダイレクトに味わえます。50gで¥210. 以前「ステップアップセット」を掲載しましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優れた珈琲器具の優れた部分

皆様、明けましておめでとうございます。今年も楽園とこのブログ共々よろしくお願いします。 さて、私にとって釣行に欠かせないモノとなったニューカントリーですが、何故カンタンに美味しく淹れられるのか? その訳を写真を使って説明させていただきます。 小さい穴を見ていただけるでしょうか、この穴からシャワー状にお湯が落ちていくので繊細なハンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more